久敬舎 | 日記 | 寒暖差の大きい時期には、鍼灸は有効です

和鍼 ・ 灸 ・ 中国整体推拿

Top >  日記 > 寒暖差の大きい時期には、鍼灸は有効です

久敬舎 の日記

寒暖差の大きい時期には、鍼灸は有効です

2017.04.12

桜が散り始めました。
昨日は2月の温度でした。今日は18度とか…寒暖差が大きくて、体調を崩し易いです。

人も自然も自然の法則の中に生きています。自然に任せておけば良いのではないでしょうか。
しかし現実では、自然から離れて生活していますから、何かと体がついていかないことも多いです。

自然な法則から離れれば離れるほどに病に近ずくと言われています。

鍼がなぜ効くのでしょうか、
鍼は皮膚に触れるだけで鈍っている神経を刺激したり、反対に皮膚の興奮している部分では、その興奮を抑えます。

お灸は温度に対する感覚に働きます。
お灸をすると、その部分の皮膚が熱くなり、血液循環が良くなります。更に血液荷の中に免疫物質をつくり、身体の機能を回復へと導きます。

どこに鍼をするか、お灸をするかは、治療家が状況を診て判断します。
東洋医学的に診て判断するわけです。

身体の抵抗力を増やすためにも、今のストレスを軽減するためにも、鍼灸は優しい治療といえます。

日記一覧へ戻る

【PR】  株式会社 大 英 建 設 西新井支店  ハローストレージ板橋パート1  我流居酒屋 華麗集  坪内美術研究所  三島・沼津の鍼灸整体 マッサージ師も通う【三島渡辺治療院】