久敬舎 | 日記 | 小児鍼

和鍼 ・ 灸 ・ 中国整体推拿

Top >  日記 > 小児鍼

久敬舎 の日記

小児鍼

2012.07.07

小児鍼とは何か。鍼といっても小児に対しては、刺さないで丸い先端の金属で体をこするだけです。先日もⅠ才の可愛い女の子がロタウイルスのためにがっくりとしていました。下痢と嘔吐でだるい状態でした。そこで銀杏のような形の金属で背中からお腹、さらに手足をこするとじっとしていました。気持ちが良いので暴れることはありません。そのままママの腕の中で眠り始め、翌日には通常のように食事ができるようになり、活発な動きが戻りました。こうなってくると大丈夫。病院の中で点滴でしばりつけることもなくなりました。適応は幅広く、他にもおねしょの回数が減ったり夜泣きがなくなります。

小児鍼

日記一覧へ戻る

【PR】  ホテル茅茹荘(ぼうじょそう)鹿角市花輪  足もみ&スクール 若石足もみサロンさくら館(富谷)  鹿沼台整骨院  げんき永山整体院  アパレルリフォームXu 阿倍野店